家の中より

ロスアンゼルスもすっかり秋。

家の中にいると寒いので

お日様が出ている間は

お庭でワンズと日光浴。

暖房を入れればいいのだけれど

家に一人でいる時に暖房を入れるのは

勿体ないと思ってしまう貧乏性な私

暖かい部屋は金太は嫌がり

花火は喜ぶんだけどね。

広告

ビッグベアは快晴

土曜日のビッグベアは快晴で

お散歩日和

金太と花火を連れて

湖の周りをのんびりお散歩。

6、7キロくらい歩いて

気持ちの良い時間を過ごしました。

気温が17度位あって

上着が必要ないくらいの陽気で

トッドは半袖。

夜は0度位まで下がりましたが

お天気に恵まれた週末の

ビッグベア滞在でした。

ビッグベアへ

連休で渋滞するだろうけれど

行くことにしました

ビッグベア。

土曜日一日ビッグベアでのんびりして

日曜日の朝には戻って来るつもり。

最低気温は零下1度くらいかな。

心を洗いに行ってきます。

四連休

明日から私は四連休。

金曜日が祝日なので世間は三連休。

なのにトッドは何故か普通の週末。

ビッグベアに行こうかなぁ。

どうしようかなぁ。

11月


11月に突入です。

今日は日本にいる私の姉の誕生日。

花火に沢山手作りのお洋服を

作ってくれる姉は今度

クリスマスっぽいお洋服を

花火に作ってくれるそうで楽しみです。


姉上様、

お誕生日おめでとう。

ハロウィーン


今年はハロウィーンの仮装を

蜘蛛さんにしてみたのですが

花火には少しばかり

ハードルが高かったようで

記念撮影だけして

早々に脱がせました。


普段はお洋服を着るのも

基本的に嫌がる花火のことなので

まぁ当然の事ですね。

見よ、この不服そうな顔を。

母の我儘に付き合ってくれて

どうもありがとう。

クリスマスまで後2ヶ月


休暇から仕事に復帰して

医学部の学生さん達とのセッションが

直ぐに始まり

明日は先月亡くなった同僚の

追悼式があります。


後2ヶ月でクリスマスなんだなぁと

気がついたものの

連日の猛暑ではちっともそんな気分じゃ

ありません。

とりあえず来週のハロウィーン

来月の感謝祭と手順を踏んで

私の中のクリスマス気分を

盛り上げていこうかな。

セーラー服


日本にいる姉が

手作りしてくれた花火のお洋服の中で

可愛いけれどこれは絶対に似合わないな、

と思ったセーラーカラーのお洋服がこちら。


実に似合わず笑える。

でもそこが可愛い、とか言ってしまうのは

親バカですな。

ぐふふふふっ。

まさかハワイで腎臓結石


日本を夜行便で出発し

ホノルル経由でハワイ島入り。

ホテルにチェックインしたら

最上階のスイートルームが用意されてました。


寝室とは別にダイニングとリビング付き

ベランダが3つあって

海も山もゴルフ場の景色も見えちゃう。

シャンパンに苺なんかも届いて

至れり尽くせり。

ぐっすり眠ってのんびり眼を覚ました翌日

それはやって来ました。


朝食後に急な腰痛。1時間半後にはもう

立ち歩けず七転八倒。

ホテルに頼んで救急車を呼んで貰い

病院へ。腎臓結石でごさいました。

三大激痛のひとつと言われるだけあり

痛みで嘔吐しまくったのは初めてです。

モルヒネなんか効きもしない。

夜中に石が出てほっとしましたが

丸一日痛み疲れました。


今日は一日ホテルのラグーン沿いの

このカバナに横になって過ごしました。

明日もこのカバナで一日ゴロゴロする予定。

風が強くてクッションが飛んで行く程で

地元の人は「台風」だと言っています。


まぁ結石の症状が飛行機の中で

出なくてよかったです。

あともう1日、ゆっくり休んで

お犬様方の待つロスへ帰ります。

帰省旅行


ただいま日本に弾丸帰省中。

金曜日の夜に実家に着いて

土曜日から母と姉と一緒に

八ヶ岳へ。


お天気が悪くて富士山は見えなかったし

八ヶ岳も見えない状態だったけれど

秋の気配を感じる事の出来る

1日でした。


あと2週間遅く訪れていたら

紅葉が圧巻だっただろうなぁ。


でもトッドの出張日程があるので

これ以上遅らせる事も出来ず。

八ヶ岳の風景はトッドの故郷に似ていて

トッドも気に入った様子でした。


20年以上も砂漠気候の

ロスで暮らしているせいか

久しぶりに帰省して思ったのは

日本は緑の豊かな国だということ。

高速道路沿いに鬱蒼と茂る木々の深さが

「もののけ姫」の世界みたいだと思って見ていたら

大きなイノシシを見かけたりも。


八ヶ岳を後にして向かったのは輪島。

千枚田がライトアップされていて綺麗でした。


御陣乗太鼓も観に行ったのですが

風が強くて寒く、震えながら鑑賞。

観ていて別の意味で震えました。

こういう日本の文化がちゃんと今後も

若い世代の人たちに受け継がれていくことを

心から願います。


輪島から実家への帰りに

千里浜に寄り浜辺をドライブ。

修学旅行以来で若かりし頃の思い出が

蘇りました。


長距離を運転してくれた母と姉には

感謝しています。

楽しい旅行をありがとう。

明日はアメリカへ戻りますが

自宅へ戻るのはもう少し先。


金太と花火にはもうしばらく

シッターのローレンと楽しい

親のいない毎日を満喫して貰いましょう。

今週中には帰るから

怪我なく良い子で待っててね!